logo

オーディオの常識に挑戦する

音と空間の調和

音が自然に広がり、臨場感で空間が満たされる。
SYRINX(シュリンクス)は、革のやわらかさにより従来の概念を超えるクリアサウンドを実現したスピーカーです。

ピアノやヴァイオリン、楽器の音はあらゆる方向に広がり、部屋全体を満たします。
SYRINXのスピーカーは、楽器と同じように澄み渡る音が、自然に広がります。どこに置いてもリスニングポイントを選ばず、まるで目の前で演奏しているような臨場感で空間が満たされます 。リビングはもちろん、カフェやオフィスでもお使いいただけます。

一つ一つ熟練の革職人がハンドメイドで作る、高級なインテリアのような外観も特徴です。
円筒形のシンプルなフォルム、温かみのあるハンドメイド、自然の風合いに溢れた革は、スピーカーであることを意識させず、「モダン」「ラグジュアリー」「和」・・・、あらゆる空間と調和します。

オーディオの常識に挑戦する

SYRINX(シュリンクス)は、これまでのオーディオの常識に捕われない、革新的な商品を創り出します。
開発の過程では、合理的・論理的であることを徹底します。ロジカルであればあるほど、一般的な製品に近づくと思われるかもしれません。
しかし、常識と思われるような既成概念に対しても深く検証し、他にはないユニークな発想でオーディオ界に新たな価値を創造することを目指しています。
《SYRINXサウンドテクノロジー》

デザイナー

SATOH Hirotaka

SYRINXのプロデューサー、デザイナーは、建築家の佐藤宏尚(さとう・ひろたか)です。
「なぜ建築家がオーディオを?」とよく質問されます。
きっかけは、自分の設計した空間に設置したい製品がなく、では自分で、と製作し始めた事です。
空間と調和するのはスピーカーを感じさせないデザインだけではありません。音も空間と調和することを追求しました。空間全体に自然と広がり、どこにいても気持ちよく聴けるBGMに最高のスピーカーを目指しました。
開発すればするほど、既存のオーディオ製品に対し、本当に良い音を追求するつもりがあるのか疑念は深まるばかりで、本当に優れた音を多くの方に知っていただくことが目標となりました。

できるだけ多くの方に柔らかな革のスピーカーがつくり出す澄み渡る音を知っていただきたいと思います。