SYRINX

ありのままの森の音

2017.01.04

Forest Notes

弊社の中は、森の音がしています。
ホワイトノイズに近い環境音は、学習や作業の集中力を高める効果があります。

これはJVCケンウッドのホームページにあるForest Notesという日本の森の音を聞くことができるサービスを利用しています。
特に白神山地、やまなし水源地、飛騨高山、馬路村、諸塚村の5ヶ所(2017.1.3現在)には常時集音マイクが設置してあり、24時間リアルタイムで森の音を聞くことができます。
場所や時間により、鳥のさえずりなどかなり変化があり、結構楽しめます。
リアルタイムに日本のどこかの森と繋がっている感覚が新しいですね。

この音源をSYRINXのスピーカーで聞くと、壁の向こう側に渓流があるかの如く感じます。実はForest Notesのサイトにも専用の面白いスピ−カーがあります。SYRINXとは反対にボディを響かせるタイプのスピーカーです。これも面白いのですが、このサイトでは、ボディーを鳴らささずに原音を忠実に再現するSYRINXのスピーカーを推しておきます。
よりリアルに森の様子が再現できますし、特に音楽と重ねる際は、比ぶべくもありません。
電気代も常時利用で月に1円とおそらく世界で最もエコです。

森林環境を保全するmore trees Leatherを用いたスピーカーは、SYRINXのスピーカーの中でも森を再生するのにピッタリの存在です。