logo
logo

Development Story
01

レザーエンクロージャー

きっかけ

「なぜ建築家がオーディオを?」良く受ける質問です。
SYRINXのスピーカー開発は、自宅を設計中にスピーカーを探したとき、音質・デザインで満足できる製品が見つからなかったことがきっかけでした。
だったら自分で作ろう、と試行錯誤するうち出会ったのが、エンサウンドの菅順一氏が提唱されたソフトエンクロージャーでした。早速試作し、従来の前から力強く迫る音とは性質の異なる解像感と漂うような立体感あふれる音を体験し、衝撃を受けました。透明感のある音が、楽器と同じように、あらゆる方向に広がり、空間全体が生演奏のような臨場感あふれる音で満たされます。

建築の知識を活かす

ソフトエンクロージャーの特徴は、柔軟な吸音材で出来ていて共振、残響がない事です。しかし、どうしても低音が弱く、試行錯誤を繰り返すうちに気付きました。エンクロージャー内部の音は、スピーカーユニットの音と打ち消しあう逆相の音で満たされています。そして、吸音性が高い素材は、軽く柔らかく、音を透過させやすい性質があります。特に低音は透過しやすく、低音の量感を大きく損なう原因となります。
そこで建築家としての知識を活かして閃きます。建築の防音室は、まず遮音材で部屋を密閉して音を閉じ込め、音が吸音材内部を反復することで効果を高めます。柔軟で共振、残響が少ないだけでなく、かつ遮音性も高い素材でエンクロージャーを作ることが出来れば理想だと。

一般的に遮音のためには重さが必要です。そして、重い素材は固いものが多く、これまでエンクロージャーにはハードウッドや金属、樹脂が使用されてきました。しかし、固い素材ほど共振や残響の影響は除去するのが困難になります。エンクロージャーは、スピーカーユニットの何十倍も面積があり、わずかな共振や残響が付帯音(ノイズ)となり音を濁します。また内圧も吸収できないと、スピーカーユニットへの影響も大きくなり、応答性が悪化します。

よく「楽器のように本体が響く」ことをセールスポイントにしたスピーカーがあります。しかし、本来、スピーカー本体の共振や残響は、不要な付帯音でしかありません。
SYRINXが目指すのは、本体が楽器のように響くことでなく、音源に忠実な繊細な音が、楽器のように自然に空間に広がることなのです。

 ELBAMATT

TEMPESTI (テンペスティ)

テンペスティはイタリアのトスカーナ地方、植物タンニンなめしの生誕地と言われるフィレンツェ・サンタクローチェ地区にあります。代々伝統的ななめし製法を引き継いできました。
テンペスティは「イタリア植物タンニンなめし革協会」の発起人でもあり、長年に渡り数々のラグジュアリーブランドへレザーを提供しています。

【イタリア植物タンニンなめし革協会】
テンペスティは、イタリア・トスカーナに存在する約570社の革メーカーの内、厳格な基準をクリアした24社のみが加盟する「イタリア植物タンニン鞣し革協会」に加盟しています。

革の発見

遮音性が高く、かつ共振、残響をなくすには、「柔らかさ」と「重たさ」、この矛盾する2つの要素をあわせ持つこと必要です。
その相反する性質を満たす理想の素材が革でした。
革は特定の周波数での共振がなく、振動の減衰も早い(インパルス応答性が良い)ので残響が残りません。繊維が密に絡み合い音の内部損失も大きく、エンクロージャーに理想の素材であることを発見したのです。

しかし、革でも、柔らかいものは軽く、重いものは固くなります。そのため国内外の数多くの革を吟味し、音に理想的な革を探し求めました。
そして出会ったのが、オイルをたっぷり含み、柔らかさと重さを合わせもつ、イタリアの伝統的なヴァゲッタレザーでした。

中でも、テンペスティ社のエルバマットは、通常の1.5~2倍(原皮の約20%)のオイルを加える特許製法で、 オイルがたっぷり染み込み、比類のない柔らかさと重さを兼ね備えた革です。

こうして共振、残響、音漏れを極限まで抑えた夢のエンクロージャー「レザーエンクロージャー」が出来たのです。

Development Story
02

テンションアンカー

独自のフローティングマウント(特許出願済)

エンクロージャーの次に注目したのが、スピーカーユニットの固定方法です。
最初の試作はスピーカーをエンクロージャーに載せただけでした。しかし、これでは内部の逆相の音が盛大に外に漏れます。そのため回折しやすい低音ほど量感が損われてしまいます。
この対策として、スピーカーユニットに錘りをつけ、その重量でスピーカーユニットを圧着する方法を試しました。エンクロージャーとの振動絶縁、内部の音漏れ防止、微振動を抑えスピーカーユニットの応答性を高める、などの効果が見込めます。しかし、重量が重くなり、スピーカーが転倒した際には、錘が横力として働き、スピーカーユニットが破損するリスクが高くなります。

そこで閃いたのが、錘りでなく、バネやゴムによる引張力(テンション)でスピーカーユニットをフローティングマウントする方法です。
テンション材は軽く、細いので、音波の振動を妨げず、転倒時にスピーカーに過度の力が加わることもありません。重力を利用しないので、鉛直方向だけでなく、あらゆる方向で利用できます。そして、錘りと同様エンクロージャーと振動絶縁でき、内部の音漏れを防ぎ、ユニットの応答性も高まります。この技術「テンションアンカー」は特許出願しました。

音と空間の調和

このユニークなスピーカーは、これまでの常識に捉われずロジカルな仮定と検証を追求し、辿りついた解答です。これは建築の設計と同様のプロセスです。
こうして、空間全体が付帯音を限りなく抑えた澄み渡る音で満たされる「SYRINX」が誕生しました。
従来の前から迫る音は、特定のリスニングポイントに座って映画を見たり、音楽鑑賞するには最適です。しかし、BGMなど、空間全体を音で満たす用途には不向きです。
「SYRINX」は、空間と調和するスピーカーです。音源に忠実な繊細な音が、楽器のように自然に広がり、空間のどこで聞いても生演奏のような臨場感ある音を愉しめます。
是非多くの方に、これまでの概念を超える音を体験して頂きたいと願っています。

Development Story
03

そしてプロダクトへ

スピーカーからプロダクトへ

音に良い革を探し求めて採用したTEMPESTI社のエルバマットですが、革大国イタリアの中でも、革本来の味わいと扱いやすさを兼ね備えた希少な存在です。
しかし、1枚の革からスピーカーに必要な大きな長方形を切り出すと、端材が大量に発生します。この素晴らしい革を、端材として放置したままでは勿体ない。何か有効活用できないか。その想いから、プロダクト開発が始まりました。

本当の革の魅力を伝えたい

プロダクトの開発で大切にしているのは、素材の魅力を活かした製品とすること。
この革の一番の魅力は、密実でしっかりとしているけれど、手に吸い付くようなしっとりとした柔らかさです。オイルをたっぷり含むので、エイジングの美しさも特徴です。この魅力を損なわず、独特の柔らかさとコシの強さを満喫できるように、革は漉かず、元厚のまま利用しています。
その結果、造りも単純になり、製品コストも下げることが可能となります。
上質な革質で、シンプルかつユニークなデザインの製品を、リーズナブルな価格で提供し、本当の革の魅力を多くの方に伝えたいと考えています。

スピーカーから派生的に始まったSYRINXのレザーアイテムですが、賞を受賞するなど、そのデザインや意義は社会的にも高く評価されています。