SYRINX

開発中の新商品《結ぶ》キーケース

2018.06.19

keycase
これは現在開発中の新商品「《結ぶ》キーケース」です。
本日意匠登録出願を終えましたのでようやく発表できます。
商品企画のはじめに、既存のキーケースやキーホルダーの課題を分析しました。
・大きすぎる
・ホックがついていて片手で使いにくい
・ポッケの中で鍵の歯が引っ掛かり生地を傷める
・リング金物が嵩張る
・余計な装飾やタグが邪魔
・鍵がコンパクトにまとまらない
問題点だらけです。しかし、これらをすべてを解決した製品は市場で見つけることができませんでした。
そこで、これらの課題を単純なデザインで、一気に解決したのが写真のキーケースです。
革だけでできているので、手触りが柔らかく、引っ掛かりがなく、嵩張らず、片手で使え、ほぼ鍵と同サイズの小さなキーケースです。
当初は奥にあるように、最近流行りのねじ式の金物を使う予定でした。デザインも美しいのですが、使っているうちにネジが外れてしまうリスクが大きいことに気づきました。大切な鍵まで紛失しては元も子もありません。
それにこのような小さな金物でもポケットの中では意外と嵩張り、引っ掛かりが気になります。特にネジの軸の長さは決まっているので、鍵の本数が少ないと、ネジが突き出てしまいます。
そこで革ヒモを本体に通し、革だけで出来たキーケースにしました。すると、すごく具合が良いことに気づきました。(すでに一ヶ月以上試用しておりますので、奥の商品より革がくたびれているのはご勘弁ください。)
軽量で手触りが優しく、ポケットの中で存在を忘れるほど違和感がなく、鍵の本数にあわせて厚みも自在に調整できます。
そして、鍵を置くとき、納まりが綺麗なので、ついつい写真のように可愛く立ててしまいます。