人と革の持続可能な関係

最近「Vegan leather(ヴィーガンレザー)」が、注目を集めています。
「ヴィーガンレザー」とは、いわゆる「フェイクレザー」ですが、その中でも注目されているのは、天然素材由来のヴィーガンレザーです。

既に購入できるものとしては、写真のパイナップルの繊維を用いたピニャテックスがあります。パイナップルの繊維の不織布をポリウレタン樹脂でコーティングした材料で、スペインで製造しています。シャネルがピニャテクスを使用した帽子を発売したことで、注目をあつめました。ただ、その質感は、繊維密度がスカスカで、革というよりは紙や不織布に近く、革の代用にはなり得ません。またポリウレタンも含まれ、生分解性も気になります。

その他の期待される素材として、きのこの菌糸を用いたヴィーガンレザーの開発が進んでいます。CO2を排出せず(場合によっては吸収し)、水の使用量も少なく、短期間で育成できるエコ素材です。

こういったヴィーガンレザーが注目されるのは、牛にかかわる環境問題からです。

近年、嘘のようなホントの話ですが、牛の「げっぷ」に含まれるメタンガスが、地球温暖化の主要な原因の一つにあげられています。そのため、ゲップに含まれるメタンガスを減らしたり、げっぷを少なくする品種改良の研究が進むと同時に、排出量規制の検討も進んでいます。

そのような流れから、動物由来の食料を減らすために、植物由来の代用肉の開発も熱を帯びています。代用肉が普及し、牛の飼育量がわずかになれば、革の原料となる原皮が少なくなり、牛革は、今より高価な素材になるでしょう。その際、革の代わりになるのがヴィーガンレザーです。

しかし、最近気になるのは「ヴィーガンレザーはエコで、革は環境に悪い」という情報発信です。

環境のために規制すべきはメタンで、革ではありません。両者を十把一絡げにし、副産物をリサイクルする産業を失えば、皮はゴミとして捨てるしななく、深刻な廃棄問題になります。

それだけではありません。環境に配慮した革の製造に必要な浄化設備やリサイクル設備には数千万円かかるといわれ、先進国では、環境規制が厳しくなる過程で、多くのタンナー(革製造業者)が廃業しています。厳しい規制の結果、革の単価は高くなり、ファッション業界で使用される革の大半は、製造費の安い発展途上国で生産されています。しかし、それらの国の一部では、環境規制が十分でない、または守られず、環境破壊・健康被害を引き起こしています。

間違った先入観から誤解が広がり、環境に配慮した設備が維持できなくなれば、安価な革への依存がさらに高まり、結果的に、深刻な環境問題へとつながります。環境に配慮した設備を備えたタンナーは、排除すべき対象ではなく、保護すべき存在です。

また同時に、消費者も、自分が使用する革製品が、持続可能な環境で製造されたものか、意識しなくてはなりません。SYRINXは、厳しい環境基準をクリアしたタンナーで製造された革だけを使用しています。

メタンは、水田からも発生します。世界のおよそ半数の人はコメが主食で、メタンを減らすために水田をなくすことはできません。そのため、栽培方法でメタンの発生を減らす研究が重要となります。
畜産も同様です。大切なのは、メタン排出量を持続可能な範囲にコントロールすることです。その限り、革産業は、廃棄物となる皮を、実用性の高い革へとリサイクルする、環境に優しい産業として残るべき存在です。

革は、有史以前から存在し、人類と歴史をともにしてきました。
当社も、微力ながら、「人と革が持続可能な関係を維持するためにできること」を模索したいと考えています。