HASAMU iPhone ケース
- Business -

¥4,990

残り3個

[Business]は、「HITOE 長財布 L-zip」でクラウドファンディングの財布の国内最高額(※)日本経済新聞社 未来ショッピングの歴代最高額(※)を更新した人気シリーズです。(※ 2019.1.31時点)
その[Business]の第5弾は、長く使えば使うほどジャストフィットするiPhoneケース《HASAMU》です。
ビジネスパーソン向けの落ち着いた限定カラーを4色ご用意しました。

Texas Nero(黒)
マットな墨のような黒。次第に艶が増し、黒が深まります。
Texas Giungla(ジャングル)
深いダークオリーブが、さらに深みのある色へと変化します。
形容するのが難しい複雑な色とエイジングを満喫できる個性的なカラーです。
Texas Bruciato(焦げ茶)
使い込むことでダークブラウンが濃くなり、艶が増し、「Bruciato(焦げ茶)」にふさわしい色へと変わります。
Texas Cammello(ラクダ)
もっとも自然なカラーのCammello(ラクダ)は、美しい飴色へと変化する定番のカラーです。


iPhoneが「iPhone」らしくあるために。

美しい質感、ガラスと金属のシームレスな連続、これまでの常識を超えるデザイナーのこだわりが詰まったiPhoneを、プラスチックや合皮でカバーすることは、iPhoneに相応しくありません。
しかし、iPhoneを裸のままにしておけば、傷が心配です。
美しく丈夫なSYRINXのスリーブなら、使用していないときは破損や傷から守り、使用時はありのままのiPhoneの美しさを堪能することができます。

hasamu

「挟む」だけのミニマルなデザイン

hasamu

デザインコンセプトは「一切の無駄をなくすこと」。
上質な1枚の革で挟み、最小限のステッチだけを加えます。これ以上は何も削れない、洗礼されたデザインになりました。
ステッチを最小限に留めたので、そのまま接続して音楽を聴いたり、ボタンの操作ができます。iPhoneの表裏を逆にして使うこともできます。サウンドホールもほとんど塞がれず、音が篭りません。

hasamu

使うほどジャストフィット

革製品のほとんどは、革を薄く漉いています。 それは、薄い方が、品質を均質に保ち、加工性もよく、製品も軽く・薄くなるからです。
しかし、タンニン鞣しの革の良さが最も堪能できるのは、厚革、それも「元厚のまま」です。床面(革の裏側)付近は最もオイルが染み込んでいます。その床面を削ってしまったのでは、オイリーな革の利点が大きく損なわれます。
厚さにばらつきのある元厚でiPhoneケースをデザインするには、かなりキツめに設計するしかありません。 しかし、タンニン鞣し革は、きつければ伸びます。
そして、それだけではありません。緩ければ縮むのです。
だから、使えば使うほどジャストフィットし、何年使用しても緩くなりすぎません。
薄く漉かれ内部の繊維質が失われた革は、本来の復元力が失われ、ただ伸びるだけです。
精度が必要な製品を、厚さにバラツキのある元厚の革でつくることは、これまでの常識では考えられなかったことですが、実は極めて理にかなっているのです。

hasamu

長さは約3mm程度縮むこともあり、それを計算して少し長めにつくっています。幅も同様に縮もうとするため、ジャストフィットし、逆さにしても落ちません。 取り出すときは、下からiPhoneを指で押し上げるだけで、スマートに取り出せます。

丈夫な厚革が破損から守る

hasamu

どんなに美しくても、iPhoneを守れなければ意味がありません。繊維の詰まった約2mmの厚革がしっかりとiPhoneを守ります。 落下時に破損しやすい角もしっかりとガードします。オープンな角も、革をわずかに大きくし、ガラスの破損を予防しています。

hasamu

バッテリー劣化から守る

リチウムイオンバッテリーは、発熱により劣化が進みます。そのため、ケースを装着したまま充電すると放熱されにくく、バッテリーの寿命を縮めることになります。しかし、毎日の充電で、都度ケースを取り外すのは面倒です。
簡単にiPhoneを取り出すことができる本製品は、iPhoneをバッテリー劣化から守るのに、まさに最適です。

hasamu

細部へのこだわり

数々の細部に及ぶこだわりにより、洗練された佇まいになりました。

1 ブランドロゴ

ブランドロゴは、なるべく目立たないようにケースの内側に小さく刻印し、シンプルなデザインを損なわないように配慮しました。

hasamu

2 コバの磨き

革のコバ(切り目)の仕上げは磨き仕上げ。
塗りのコバは、経年変化で割れたり剥がれたりするのが気になります。手間はかかりますが磨きのコバはその心配がなく、使い込むほど味わいが増してきます。

hasamu

日本の革職人による丁寧な仕立て

日本の職人

SYRINXの無駄のないミニマルなデザインには高い精度が求められます。そのため、SYRINXの製品は、工場の量産ではなく、高い技術力を持つ日本国内の小さな工房を厳選し、SYRINXのこだわりを丁寧に実現してもらっています。


製品仕様

サイズ :iPhone 11 Pro Max / XS Max / 8〜6 Plus 用
      W.89 x H.167 x D 11.5 約60g
     iPhone 11 Pro / XS / X 用
      W.82.5 x H.152 x D.11.5 約50g
     iPhone 11 / XR 用
      W.87.5 x H.160 x D 11.5 約54g
     iPhone 8〜
      W.78 x H.147 x D 11.5 約40g
素材  :牛革(イタリア
生産  :栃木県宇都宮市(日本)
付属品 :イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書
     化粧箱
     取扱説明書

※ 製品の保証・取扱上の注意点はこちらをご覧ください。

box
  • 革の伸びを想定しているため、当初は革が硬く出し入れがキツくなっています。数日で馴染みジャストフィットして来ます。
  • 誤作動・故障の原因となりますので、ライトニングポートは下になるようにご使用し、逆にならないようご注意下さい。
  • 使い始めはボリュームボタンが革に押されてしまう場合がございますが、すぐ馴染み改善します。ご了承の上お買い求め下さい。
  • 型崩れの原因になるので、iPhoneは下から指で押し上げてから取り出してください。

イタリアン・ヴァケッタレザー

9世紀初頭からイタリア・トスカーナ地方に伝わる「ヴァケッタ製法」。自然の樹木のタンニンでなめし、じっくりとオイルを染み込ませた革です。ヴァケッタレザーは、加脂工程に牛脂を用い、水分を一切使用しないことが最大の特徴で、独特のしなやかさがあります。牛脂は革に浸透しにくく、繊維の奥まで染み込ませるのに時間がかかります。しかし、一度浸透すると抜けにくく、ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。
北欧諸国の寒冷地で育った、最高級の牛原皮の中でもきめの細かい胴部分(ベンズ)のみを贅沢に使用しています。
吸い付くような滑らかさで、見事なまでに美しく色艶が深まり、数あるイタリアンレザーの中でも際立つ存在です。

深まる色艶・エイジング

鮮やかで透明感のある色付けは、染料のみで行われます。傷やシミは、型押しや顔料で隠さないので、そのまま残ります。しかし、原皮の風合いをそのまま味わえるのは、最高品質の天然の革である証です。傷やシミも唯一無二の個性として、受け入れていただけますようお願い致します。
染料で仕上げた革は、使い込むほど色が深まり、エイジングを堪能できます。 エイジングに関しては、ヴァケッタレザーの右に出る革は存在しません。美しく、短い時間で色艶が深まります。
イタリアでは革らしい自然な風合いが好まれ、エイジングを楽しむ文化が息づいています。共に成長していく革なので、入学や進級、就職など新たな門出へのプレゼントにも最適です。

エルバマットのエイジング

Texas のエイジングの例

「Business」コレクションに使用するTexasは、銀面(表側)を起毛させたオイルヌバックで、床面を起毛させたスエードより丈夫で末長く使用できます。ビロードのように柔らかくサラサラとした触り心地が特徴で、オイルも多く含むので、非常に早くエイジングが進行します。使うほどに起毛が落ち着き、艶が増し、色が深まります。

Texas Nero Texas Nero(テキサス 黒):マットな墨のような黒。次第に艶が増し、黒が深まります。
Texas Giungla Texas Giungla(テキサス ジャングル):深いダークオリーブが、さらに深みのある色へ。
Texas Bruciato Texas Bruciato(テキサス 焦げ茶):使い込むことでダークブラウンが濃く。
Texas Cammello Texas Cammello(テキサス ラクダ):美しい飴色へと変化。

オイルケアが不要

一般的な革は、表面に最初から艶があると思います。それは、革の最終工程で表面にオイルを塗って仕上げているからです。しかし、表面のオイルは、経年変化で揮発し、光沢を失い、カサカサになります。それが定期的なオイルケアが不可欠な理由です。
一方、この革は最初は艶のないマットな表情です。これは、オイルを表面に塗らなくても、 繊維の中までたっぷりオイルが染み込み、革が乾燥しないからです。 使い込むほど、内側に含まれるオイルが気孔部分から染み出して表皮をコーティングし艶が出ます。防水効果も高まります。
ここに既成の皮革用オイルを加えると気孔が詰まり呼吸困難になり革が早く老化する事に繋がります。そのため、オイルケアは不要です。防水スプレー、その他コーティングしてしまうようなものも禁物です。革が呼吸できず硬化します。
何もせず、よく使い革に適度な刺激を与えること、それが一番のメンテナンスです。
コーティングしないので表面は柔らかく傷つきやすいですが、多少の傷は指で擦れば自然に回復します。深い傷も、エイジングとともに馴染み、革の風合いへと変化していきます。
時間と手間がかかるため、現在ではヴァケッタレザーを生産するメーカーは僅かです。革大国イタリアの中でも、革本来の味わいと扱いやすさを兼ね備えた希少な存在です。

エルバマットの製造過程

ナチュラルマークについて

牧場では牛がストレス無く健康に育つ様に放牧飼育されています。革にはその牛が『生きた証(ナチュラルマーク)』が刻まれています。
・キズ:元々持っていた皮膚の傷痕、かき傷や斑点など。
・色むら:繊維の密度や厚さが違い。ロットや部位により発生します。
・血筋:すぐ下にあった血管の痕が濃くなる筋模様。
・トラ:首付近など元々あるシワが寄りやすい部位の筋状の縞模様
通常は、これらは、型押しや顔料により隠されることが多いのですが、その場合、革本来の風合いは損なわれてしまいます。
この革のように素地を活かした仕上げは、ナチュラルマークがある場合もありますが、良質な天然皮革の証といえます。
唯一無二の個性としてご了解いただけますようお願い致します。

cammello t-guingla cammello lattuga

(キズ・色ムラ/血筋・シワ)

白い粉について

大変オイル分の多い革のため、気温や湿度、通気条件などにより、気孔から滲み出たオイル成分が白い粉となることがあります。
これはブライドルレザーのブルームなどと同じ現象で、製品の不良ではございません。
特に冬季、気温が低い時期に顕著で、一見カビのように見える場合もございますが、柔らかい布で簡単に拭き取ることができます。(ステッチなど細かく除去しにくい部分は温めると消えます)
これらの症状は、オイル分の多い革の良質な特性の一つとなります。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

SYRINXの製品は常識の範囲内で本来の目的のためにご使用いただいた場合、素材や構造的な欠陥に関してご購入日より1年間の保証期間を設けています。
>詳細を見る

日本全国送料無料にてお届けします。

おすすめの商品

最近チェックした商品