HITOE<br><small>短財布 2<br>Business</small>
HITOE<br><small>短財布 2<br>Business</small>
HITOE<br><small>短財布 2<br>Business</small>
HITOE<br><small>短財布 2<br>Business</small>
HITOE<br><small>短財布 2<br>Business</small>

HITOE
短財布 2
Business

通常価格
準備中
セール価格
¥14,900
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

HITOE 短財布 2 特別仕様「Business」

ポケットに入る財布の決定として、財布のクラウドファンディングの国内最高額を更新した「HITOE 短財布 2」。その特別仕様「Business」の予約販売をクラウドファンディング「日経新聞社・未来ショッピング」で10月より開始します。

「Business」は、「《単》長財布」で、日本経済新聞社・未来ショッピングの歴代最高支援額・当時の財布のクラウドファンディング の国内最高額を更新した人気シリーズです。ビジネスパーソン向けの落ち着いた限定カラーを4色ご用意しました。
革は、Elbamattの銀面(表面)を短く起毛させたオイルヌバック「Texas」を使用。
柔らかく心地よい触感と、上品でマットな表情が特徴です。
エイジングは非常に早く、擦れた部分の起毛が落ち着き、色艶が増します。

クラウドファンディング 事前登録

このページ最下部の「News & Updates」にご登録いただいた方には、限定のお得な特典を事前にご案内をする予定です。


単(ひとえ)、それだけ

「鞄を持たず、手ぶらで足取り軽く出かけたい!」
その想いを叶えるために、HITOE シリーズは誕生しました。

「身も心も軽やかな快適さ」

機能性、携帯性、収納力。これらを兼ね備えたHITOEは、きっと、あなたの生活を豊かにする存在になると確信しています。

HITOEを持つ

HITOEのこれまでの実績

SYRINX のHITOEシリーズは、財布のクラウドファンディング の国内最高調達額(2019.07.01現在)を達成するなど、今熱い注目を集める財布です。

HITOE 長財布     7,071,840円(2018.03 Makuake)
HITOE 短財布     7,727,840円(2018.08 Makuake)
HITOE 長財布   21,097,260円(2019.01 未来ショッピング・国内最高額)
HITOE 短財布2 23,157,200円(2019.09 Makuake・国内最高額更新)

HITOE カラーラインナップ

小さな財布?薄い財布?

作りたかったのは、ズボンの後ポケットに収まりのよい財布。小さな財布はハンドバックやポーチに入れるのには便利です。しかし、ポケットの入れると分厚く、膨らみが気になります。ポケットやスリムなバックに入れるには、小さな財布より薄い財布のほうが適しています。

小さい財布との比較

薄さ際立つ「単(ひとえ)構造」

財布が分厚くなるのは、カードとコインが重なるから。これを解決するのが「単(ひとえ)構造」(特許庁意匠登録済)です。カードとコインを重ねず、横に分散し、従来の財布より圧倒的に薄くなりました。
さらに、重なる革は、一般的な財布は10枚以上。HITOEはわずか4枚。これは、調査したコインとカードを収納できる財布の中で最少です。
紙幣10枚、コイン15枚、カード8枚。こんなにたくさん収納しても、財布の厚さはたったの15mm。 一般的な財布は、30mm以上。圧倒的な薄さです。

薄さの比較

薄くてもあきらめない

「薄い財布」は他にも存在します。しかし、入るカードが3〜5枚だったり、カードが落ちやすかったり、コインポケットが小さ過ぎたり、決して使いやすいものではありませんでした。
HITOE 短財布2は、薄さを理由に妥協しません。
薄いのにたっぷり収納できます。また、シンプルな構造で、薄さと使いやすさを両立しています。

たっぷり収納

「厚い革」への挑戦

革を薄く漉いてしまえば、薄い財布を作ることは簡単です。しかし、薄い革は耐久性が劣り、革本来の風合いも損なわれます。 革を厚革のまま使う。しかし、財布は薄く。 この欲張った相反する難題に、私たちは挑戦しました。試作を何度も繰り返し、ようやく到達したのがこのHITOEです。 外装に使用するのは、革本来の魅力を満喫できる、厚さ約2mmの「元厚(げんあつ)の革」。しかし、財布中央部の厚さはわずか7mm。これまでには無い、「厚い革」の「薄い財布」です。

厚い革

唯一無二の存在へ、HITOE 短財布がバージョンアップ

HITOE 短財布2は、前モデルに寄せられた多くの声を活かし、気になった点を徹底的に改良。薄いだけでなく、紙幣もコインもスピーディーに使える財布に生まれ変りました。

改善点1 紙幣の使いやすさ

紙幣を折らずに使いやすいように、内部を一新。紙幣とコインが同じ側から取り出せるようになりました。クリアランスも大きくし、より便利に、よりスピーディーに紙幣を使えます。

折り目をつけないお札

改善点2 特注の引き手

ファスナーの引き手は、金型をYKKに特注したオリジナル。直線と円弧だけで構成され、表はロゴもないシンプルなデザイン。ポケットに引っかかりにくく、スライダーに不要な力が加わらず、耐久性が高まりました。
ロゴは、目立たないように裏に小さく刻印。凸型で滑り止めを兼ねています。横から見ると先端ほど厚いのは、つまみ易さにこだわった結果です。
小さなパーツですが、SYRINXのデザインに対する哲学が凝縮されています。

オリジナル引き手

改善点3 コバの磨き

革のコバ(切り目)の仕上げは、磨き仕上げになりました。
一般的に採用される塗りのコバは、経年変化で割れたり剥がれたりするのが気になります。手間はかかりますが、磨きのコバはその心配がなく、使い込むほど味わいが増してきます。

浅いコインポケット

考え抜かれた6つの使いやすさ

01 紙幣に折り目をつけない

紙幣は、財布の下部をぐるっと回わし、折り目をつけずに使います。紙幣全体を少し引き出し、外側に沿わせ紙幣を入れるのがコツです。紙幣もコインも、素早く扱えます。
(※紙幣を2つ折りで使用することもできます)

02  コインポケットは浅いほど使いやすい

コインポケットが深いと、コインを探すのも取り出すのもスムーズにできません。HITOEの浅く大きく開くコインポケットなら、必要なコインをすぐに見つけて取り出せます。ファスナーを閉じれば、コインがこぼれる心配はありません。浅いのにたっぷり20枚のコインが収納可能。無駄なくコインを使った場合の最大枚数・999円=15枚(※写真)を入れても余裕があります。

浅いコインポケット

03 キャッシュもキャッシュレスも便利なダブルファスナー

現金側とカード側、それぞれにスライダーがある特殊なファスナーを採用しました。
カードと現金、それぞれ最小の動作で素早くアクセスでき、カード使用時に不意にコインを落とす心配もありません。キャッシュ、キャッシュレス、どちらも便利に使えます。
写真のように2つのファスナーをコインポケットの横まで開けば、カードと現金、すべて同時に使用することも可能です。

尻合わせのファスナー

04 カードはたっぷり

カードは一箇所にまとめ、無駄のない厚さで8枚程度のカードを収納することができます。ファスナーを閉じれば、大切なカードをうっかり落とす心配はありません。

たっぷりのカード

05 ポケットに出し入れしやすいカタチ

HITOEは片方の端部を薄く綴じあわせています。だから、ポケットへの出し入れが、引っ掛かりがなくスムーズです。

ポケットにスムーズ

06 耐久性の高いファスナー EXCELLA

YKKの最上級ファスナー「EXCELLA」を採用。EXCELLAは、寸法精度が極めて高く、噛み合わせに遊びが少ないファスナーです。そのため、使い始めは固く、少し引っ掛かりを感じる場合がありますが、使い込むことで、次第に滑らかになります。
安価なファスナーほど、寸法の遊びが大きく、動きが軽快です。しかし、噛み合わせが甘く、噛んだり、外れたり、トラブルの原因となります。エレメントの全面を一つ一つを丁寧に磨き、精緻を極めた EXCELLAは、長く愛用頂ける最高峰のファスナーです。

エクセラ

日本の革職人による丁寧な仕立て

SYRINXの無駄のないミニマルなデザインには高い精度が求められます。そのため、SYRINXの製品は、工場での量産でなく、高い技術力を持つ日本国内の小さな工房を厳選し、SYRINXのこだわりを丁寧に実現してもらっています。

工房

国際意匠登録

HITOE 短財布2は、国内で意匠登録するだけでなく、グローバル展開も視野に、国際意匠出願も行っています。

特許庁 意匠登録第1637887号
国際意匠(中国) 登録第5338009号
ハーグ国際意匠登録出願済(米国、欧州、韓国)