Musubu® Key Case - Foschia -

¥1,320
Color: Misty Black

霞のような表情「Foschia」コレクション

MUSUBUキーケースFOSCHIA展開

「霞」を表すイタリア語、「Foschia(フォスキーア)」。使うほどに白いワックスが擦れて浸透し、霞が晴れるように、革本来の透明感のある表情があらわれます。


上質な革で鍵を挟む。ただ、それだけ。

MUSUBUキーケースFOSCHIA展開

V型の革で挟むだけの、ミニマルを極めたデザイン。(特許庁意匠 登録登録第1623076号)

これまでにない鍵の束ね方

MUSUBUキーケースFOSCHIA革で結ぶ

鍵を束ねるのは革紐です。従来は、金属製のリングが連なり嵩張りました。
「《結ぶ》キーケース」は、革紐の柔らかさで、鍵をコンパクトに束ねます。
それを可能にしたのは、ただ3つの穴でしっかりと繋ぐ、全く新しい「結び方」です。
優しい手触りで、荷物を持ったまま、片手で鍵の出し入れが可能です。

鍵の本数は自由に、1〜10本まで

MUSUBUキーケースFOSCHIA本数

革紐は長さを調整できるので、鍵の本数は自由です。最大でおよそ10本まで束ねることができます。

MUSUBUキーケースFOSCHIA立てる

数本鍵を束ねれば立てて置くことができるので、机の上でも鍵がバラバラと広がりません。

使い方

1 通す

MUSUBUキーケースFOSCHIA通す

金属製のリングが付いている場合は取り外し、鍵を直接革紐に通します。

2 結ぶ

MUSUBUキーケースFOSCHIA結ぶ

3つの穴に革紐を緩く通し、その後、革紐を締めれば、しっかりと結ばれ解けません。

3 切る

MUSUBUキーケースFOSCHIA切る

余った革紐を、カッターナイフでカットします。

※ 鍵の本数にフレキシブルに対応できるよう革紐は長めになっています。
※ 鍵の大きさは約6cm程度までの鍵を収納できます。車のキーや、マンションのスマートキーは、納まらない場合がございます。
※ 革紐は幅5mmありますので、鍵の穴の幅は5mm程度必要です。
※ 革紐を短く切りすぎると鍵の入れ替えが困難になるのでご注意下さい。
※ 革紐は使用に伴い若干延び、細くなります。
※ 鍵を頻繁に入れ替えする使い方には向いておりません。


製品仕様

外形寸法:約W.70 x H.33
製品重量:約10g
鍵本数 :1本〜10本程度
革   :イタリア製植物タンニン鞣し革
生産  :日本
知的財産:意匠登録第1623076号

※ 製品の保証・取扱上の注意点はこちらをご覧ください。

のような表情 Foschia(フォスキーア)

「霞」を表すイタリア語、「Foschia(フォスキーア)」。ホワイトワックスが霞のような表情のシリーズです。
タンニン鞣しのダブルショルダーを、ホワイトワックス加工した革で、白い粉はブルームといわれるワックス(蝋)です。使うほどに表面のワックスが擦れて浸透し、霞が晴れるように、革本来の透明感のある表情があらわれます。

シビラ エイジング

革質は、十分なオイルを含みながら、表面に張りがあり、しっかりとした印象。
ショルダーは、バラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあり、天然皮革ならではの表情を堪能できます。
オイルもワックスも十分に含まれるため、メンテナンスは特に必要ありません。

※濃色の衣料へのワックスの移行にご注意下さい。

シビラ nero Nero(黒)
シビラ navyNavy(ネイビー)
シビラ t.moroT.Moro(焦げ茶)
シビラ papayaPapaya(パパイヤ)
      原皮の風合いを生かした染料仕上げのため、表面にキズ・色ムラ・シミ・シワがある場合がございますのでご了承下さい。

  • 日頃から柔らかい布で拭いていただけますと、汚れや 埃などを取り、革の油分を表面に馴染ませることが出来ます。
  • 表面がデリケートなため、製造過程で僅かな当り傷・押し跡、擦り傷等が見受けられる可能性がありますのでご了承下さい。
  • 濡れた場合は放置すると水染みになります。すぐに乾いた柔らかい布で軽く押すようにして水分を取って下さい。
  • 水染み予防には、フッ素系の防水スプレーの使用を推奨します。
  • 使用に伴いサイズが多少変化する場合があります。
  • 染料のみで顔料を用いていない商品は、色落ちが生じることがございます。淡色の衣料との組み合わせにご注意ください。
  • ロット・部位により、色・質感が異なります。
  • 気温の変化などの影響で、油脂成分が表面に白く浮き出ることがあります。表面を軽くこすっていただけると取ることができます。
  • モニター環境により、実際の商品の色合いと多少異なってみえる場合があります。
  • 長期間保管する場合、カビが発生しないように、定期的に風を通し、柔らかい布で乾拭きして下さい。
  • 内容物は、長期間そのままにせず、定期的に取り出し、中に通気を与えて下さい。
  • 商品の詳細については予告なく仕様変更等が発生する場合がございます。 予めご了承ください。

お客様の声

You may also like