「霞」を表すイタリア語、「Foschia(フォスキーア)」。表革は、植物タンニン鞣しのダブルショルダーをホワイトワックス加工した革で、まるで霞のような表情が特徴です。使うほどに擦れて浸透し、透明感のある表情があらわれます。

使用する鞣材には、南米原産のマメ科の「タラ」の実を使用しています。
希少で高価ですが、植物タンニンの中では最も色が淡く、耐光性があります。通常淡い色の革には顔料を使用しますが、革をより白く鞣すことができるため、染料のみで美しい発色を実現しています。

内装は、キメ細やかな銀面のスムース革。開いたときに、外装と美しいグラデーションとなります。

エイジングについて

ショルダーは、バラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあり、天然皮革ならではの表情を堪能できます。

オイルもワックスも十分に含まれるため、メンテナンスは特に必要ありません。
表面はデリケートで、シミや傷がつきやすいですが、よく手にとりご愛用いただくことで、色艶の深まりとともに、馴染んでまいります。

シビラ Greige Misty Greige(グレージュ)
シビラ Ash Misty Ash(灰)
シビラ Iris Misty Iris(アイリス)
シビラ ChocolateMisty Chocolate(チョコ)
シビラ navyMisty Navy(ネイビー)
シビラ Black Misty Black(黒)