上質な革で鍵を挟む。ただ、それだけ。

革で結ぶ

V型の革で挟むだけの、ミニマルを極めたデザイン。(特許庁意匠 登録登録第1623076号)

これまでにない鍵の束ね方

革で結ぶ

鍵を束ねるのは革紐です。従来は、金属製のリングが連なり嵩張りました。
「《結ぶ》キーケース」は、革紐の柔らかさで、鍵をコンパクトに束ねます。
優しい手触りで、荷物を持ったまま、片手で鍵の出し入れが可能です。

鍵の本数は自由に、1〜10本まで

本数

革紐の長さを調整できるので、鍵の本数は自由です。最大でおよそ10本まで束ねることができます。

立てる

数本鍵を束ねれば立てて置くことができるので、机の上でも鍵がバラバラと広がりません。

使い方

1 通す

通す

金属製のリングが付いている場合は取り外し、鍵を直接革紐に通します。

2 結ぶ

結ぶ

3つの穴に革紐を緩く通し、その後、革紐を締めれば、しっかりと結ばれ解けません。

3 切る

切る

余った革紐を、カッターナイフでカットします。

※ 鍵の本数にフレキシブルに対応できるよう革紐は長めになっています。
※ 鍵の大きさは約6cm程度までの鍵を収納できます。車のキーや、マンションのスマートキーは、納まらない場合がございます。
※ 革紐は幅5mmありますので、鍵の穴の幅は5mm程度必要です。
※ 革紐を短く切りすぎると鍵の入れ替えが困難になるのでご注意下さい。
※ 革紐は使用に伴い若干延び、細くなります。
※ 鍵を頻繁に入れ替えする使い方には向いておりません。

開発の経緯

開発

「大きすぎてポケットがパンパン」
「ポケットの生地を傷めた」
「片手で使えない」
既存のキーケースに感じていた課題です。
「《結ぶ》キーケース」は、これらの課題をミニマルなデザインで一気に解決します。

開発

最も難しかったのは鍵の固定方法でした。
当初は、ねじ金物で鍵を固定する予定でした。デザインもシンプルですが、長く試用してみると問題がありました。
 ・鍵の本数が少ない時、金物がケースから突き出て引っかかる。
 ・鍵を回転させるので、使っているうちにネジが緩みやすい。

開発

ネジが外れ、大切な鍵まで紛失してしまっては元も子もありません。そこで、金物を使わず、革紐で束ねることを思いつきました。
しかし、革紐の固定方法は試行錯誤の連続でした。
15回を超える試作と、数ヶ月に及ぶ試行錯誤を経て到達したのが、ただ3つの穴でしっかりと繋ぐ、全く新しい「結び方」です。


製品仕様

外形寸法:約W.70 x H.33
製品重量:約10g
鍵本数 :1本〜10本程度
素材  :牛革(イタリア Tempesti社 Elbamatt)
生産  :東京都港区(日本)
付属品 :イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書
     化粧箱
     取扱説明書
知的財産:意匠登録第1623076号

※ 製品の保証・取扱上の注意点はこちらをご覧ください。