Q. Hitoe Fold、Hitoe Fold Aria、Hitoe Fold Lessの違いは?

「Hitoe Fold Aria」「Hitoe Fold Less」は、素材、デザイン、機能性、ディテール、全て妥協なく追求したフラグシップモデルです。カードを「Hitoe Fold Aria」は6枚、「Hitoe Fold Less」は3枚収納可能です。
「Hitoe  Fold」は、そのコンセプトを、素材感や経年変化を堪能できる革で実現したセカンドグレードです。カードは7枚まで入ります。
その他、下記のような違いがあります。

1 素材
「Hitoe Fold」は、良質な厚革(イタリア産ヴァケッタレザー)を利用し、革の特徴をそのまま活かし、革らしさを味わえます。革の床面(裏側)は、紙幣などの滑りをよくするために、毛羽立ちを抑える加工を行なっています。
「Hitoe Fold Aria」「Hitoe Fold Less」は、すべてのパーツで革を張り合わせた贅沢な仕様で、銀面を2重にすることで薄さと耐久性を両立しています。

斜めから見た使用状態左:Hitoe Fold 中:Hitoe Fold Aria 右:Hitoe Fold Less

2 サイズ
平面サイズ
・Hitoe Fold w92 x h92 mm
・Hitoe Fold Aria w90 x h91 mm
・Hitoe Fold Less w89 x h89 mm

厚さ(留め具周りの最厚部)
・Hitoe Fold 約10mm(エンボスレスカード5枚収納時)
・Hitoe Fold Aria 約9mm(エンボスレスカード5枚収納時)
・Hitoe Fold Less 約8mm(エンボスレスカード3枚収納時)
若干個体差がございます。またエンボスカードは1枚につき0.2-0.3mmほど加算してお考えください。

素材感の違いもあり、手にした際は数値以上に差を感じると思います。

手のひらサイズ左:Hitoe Fold(カード5枚) 中:Hitoe Fold Aria(カード5枚) 右:Hitoe Fold Less(カード3枚)

3 使用感の違い
札押さえの横側のステッチの有無により、紙幣の横からの出し入れで「Hitoe  Fold」は引っかかりを感じる場合があります。また紙幣の滑りも多少摩擦が大きくなります。
「Hitoe Fold Less」は、カードポケットに脱落防止対策を行い、留め具を外した状態でもカードが落下しにくくなっています。

Q. 開閉のコツはありますか?

コインとカードの境目を「く」の字に曲げていただけると、カードに掛けているフックが外れ、スムーズにご利用いただけます。

開閉の曲げ方(例:Hitoe Fold Aria)

閉じる時は、フラップの上部を軽く押さえながら、「く」の字に曲げていただけると自然にフックがカードに嵌ります。フックに指を触れないことがコツとなります。

閉じ方は押さえながらスライドするだけ(例:Hitoe Fold)

Q. 閉じると歪みます

フックを財布の外側に掛ける誤用が原因です。収納するカードのみに掛けるようにしてお使い下さい。

(例:Hitoe Fold)

Q. 硬貨やカードは溢れませんか?

フックを収納するカードに掛けて財布を閉じれば、硬貨もカードも溢れることは絶対にありません。開いた際も、コインポケットの蓋で、硬貨が留まるため溢れにくくなっています。ただし、横向きで使用すると硬貨が溢れる可能性があります。縦のままご使用いただけますようお願い致します。