心を「包む」、日本の美

tsutsumu

大切な名刺を1枚の革で包むおもてなし

贈答品に使われる風呂敷、袱紗、熨斗袋など、日本では、大切なものを丁寧に包む文化があります。衣服においても袋に穴をあけた洋服と異なり、布を巻いて身に纏う和服は身体を包んでいるといえます。この「包む」という日本の伝統的な美意識から名刺入れをデザインしました。
糸や金具、ベルトなど、留め具は一切使用しません。上質な1枚の革をただ折り紙のように美しく折り重ね、大切な名刺を包みます。

相手を気遣う解く所作

tsutsumu

丁寧に包まれたものは、解く所作にも相手への気遣いや思いやりが込められます。ビジネスシーンにおいては、相手に合わせ待たせないこと、最小限の動作でスムーズに名刺を取り出せることをまず優先すべきです。
「TSUTSUMU」は留め具がない特徴を活かし、素早く開けて、スムーズに名刺を取り出すことが可能です。
また名刺入でブランド名が目立つのは無粋です。見た目の上下が分かりにくくなりますが、エンブレムはフタの隠れる部分にそっと刻印してあります。革が馴染めば、名刺取り出し用の半円型の切り欠きがフタの上から手触りでわかるので、下を向かずに相手の方を見たまま、スマートに名刺を取り出せます。

ラグジュアリーでフォーマル
革の魅力と端正なデザイン

tsutsumu

フォーマルに仕上げるために、名刺入れには薄く漉いた革が好まれます。しかし、往々にして使用するにしたがい、購入時の美しさが失われます。
「大切な名刺だからこそ、最高の素材で包みこもう。」
TSUTSUMUに使用する革は、ずっと触っていたくなるような柔らかく吸い付くような心地よい手触りです。使えば使うほど、美しく味わい深く変化します。
厚革を使用した名刺入れは、サイズも大きくなりカジュアルな雰囲気になりがちですが、TSUTSUMUはステッチがないので、サイズに無駄がなく、ほぼ名刺サイズのコンパクトな仕上がりです。さらに、完全にシンメトリーな端正なデザインで、フォーマルな雰囲気を纏います。
格別な革と端正なデザインで、ラグジュアリーでありながらフォーマルな佇まいです。


製品仕様

外形寸法:約W.96 x H.62 x D.15
製品重量:約40g
素材  :牛革(イタリア Tempesti社 Elbamatt)
生産  :東京都港区(日本)
付属品 :イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書
     化粧箱
     取扱説明書
知的財産:意匠登録第1595193号

※ 製品の保証・取扱上の注意点はこちらをご覧ください。