エイジングの例

滑らかで、吸い付くような質感。原皮の表情がわかる透明感があります。使うほどに色艶が深まります。

naturalNatural(ナチュラル):次第に美しい飴色に。
ChestnutChestnut(チェスナット):栗色。赤みのあるブラウン。
TealTeal(ティール):鴨の顔の毛の色。青緑色が次第に濃く。
BlackBlack(黒):マットな表情から次第に艶のある黒に。

オイルケアが不要

繊維の中までたっぷり染み込んだオイルが、使い込むほど気孔部分から染み出し、表面をコーティングし艶が出ます。そのため、オイルケアは不要です。
既成の皮革用オイルを加えると革がオイル過多になり、柔らかくなりすぎる場合がありますのでご注意下さい。
何もせず、よく使い革に適度な刺激を与えること、それが一番のメンテナンスです。
コーティングしないので表面は柔らかく傷つきやすいですが、多少の傷は指で擦れば自然に回復します。深い傷も、エイジングとともに馴染み、革の風合いへと変化していきます。

※ 上質な革本来の魅力をお楽しみいただくために、繊細な仕上げを施しています。そのため元々あったシワやキズ跡などのナチュラルマークが入る可能性があります。