Ariaシリーズ開発について 1

先日発表した、新シリーズ『Aria』。
早速大きな反響をいただき、誠にありがとうございます。
今回は、「SYRINXのこだわり」の一つをお伝えできればと思います。

写真の美しい歯型は、『HITOE FOLD - Aria -』を量産するために作成したものです。計5型。
弊社の歯型は台東区の非常に腕の良い金型屋さんにお願いしており、その精度は素晴らしい技術です。
しかし、各色1つずつテスト生産しただけでですが、残念ながら、使用中止を決断することになりました。

各所、わずか1mm程度の調整。 しかし、絶対に妥協できない「1mm」。

それが「SYRINXのこだわり」なのです。
単なるアップデートではなく、より進化した、さら上質の物を世に生み出すため、素材も細部のデザインにも強いこだわりを持つ。
また振り出しに戻り、試作からですが、私たちは、このこだわりの追求に誇りを持っております。

お客様に最高の品をお届けしたい。
最高の職人技術を存分に味わって頂きたい。

このような「こだわり」を積み重ねた製品は、デザイナー、職人、お客様・・と、品物に関わる全ての人の気持ちを満たしてくれるものと信じております。
また、こだわりの追求によって研ぎ澄まされた製品は、「凛とした空気」を纏うようになり、建築家として納得のいく建築を世に生み出せた瞬間と似ています。

モノづくりに携わる者として、自信をもって最高のクオリティーだといえる『Aria』シリーズ。
この発表により、私達が目指しているモノづくりに、また一歩、と近づけている感じています。