コンテンツへスキップ

記事: 【新製品】Hitoe® Fold Less - Etretat -

News

【新製品】Hitoe® Fold Less - Etretat -

シリーズ最薄「Less」に「Etretat(エトルタ)」登場

カードレス時代の理想の薄型財布「Hitoe® Fold Less」に、フランス「Etretat(エトルタ)」の海岸をイメージした革コレクションが加わります。

フランス最古のタンナーに特注したオリジナルのカーフレザーです。

Etretatの風景
Hitoe® Fold Less - Etretat -

商品詳細

未体験の薄さへ

カードと硬貨を重ねないHitoe®構造(意匠登録済)で薄さを実現。

・重なる革は最大5枚&金物レス
・収納時の最厚部 9mm台
 (カード3枚・紙幣10枚・100円玉6枚収納時)
・手のひらサイズ 89mm x 89mm
・存在も忘れる軽やかさ 約29g 
最大で紙幣15枚、硬貨15枚、カード3枚を収納可能。
たっぷり収納しても薄いままです。

実測値 - HITOE FOLD LESS
カード3枚収納時(個体差があります)

光に包まれる「Etretat(エトルタ)」の海岸

フランス・ノルマンディー地方、ライムストーンの白亜の断崖が続く「エトルタ」の海岸。優しい光に包まれ、穏やかな詩的な風景が広がる海岸は、モネなどの芸術家たちも魅了してきました。
その自然が奏でるシンフォニーからインスピレーションを得た、SYRINXオリジナルのカーフレザーです。

1年半もの時間をかけて、調整や試作を繰り返した、濃淡を持つ色付けが最大の特徴です。
「Limestone」や「Midnight」といった単色に近いカラーも、エトルタの奥行きある色彩をモチーフに、絶妙なニュアンスによる濃淡を持たせています。

Etretatの風景

最良のオリジナルレザーを求めフランスへ

私たちがオリジナルレザーを特注したデギャーマン社(Tannerie Degermann)は、フランスのアルザス地方、ストラスブールから南へ35キロ、ブドウ畑に囲まれた街、バール(BARR)にあります。

私たちがオリジナルレザーの生産をデギャーマン社に依頼した理由。それは、彼らがフランス最古かつ最高のタンナーであり、伝統と品質への深い造詣を持っていたからです。

フランス・デギャーマン社で幾度も意見を交換し、ようやく完成したのがエトルタです。

デギャーマン社の外観
デギャーマン社の歴史ある建物

デギャーマン社の歴史の最後を飾る

そのデギャーマン社も、時代の変化から、近隣のHaas社(同じく19世紀創業)との経営統合を選択しました。私たちの革の生産を最後に、歴史あるデギャーマンの工場は閉鎖し、ミュージアムへとリノベーションされる予定です。

デギャーマン社の歴史の最後を飾るエトルタは、伝統と情熱、技術の結晶です。彼らのクラフツマンシップとエトルタの生産は、Haas社に継承され、さらなる高みを目指します。

Etretatをイメージした革
Etretatの革

Read more

信濃毎日新聞にHitoe® Fold Aria -Mushroom-が紹介されました
Media

信濃毎日新聞にHitoe® Fold Aria -Mushroom-が紹介されました

本日2024年4月13日の信濃毎日新聞の朝刊に、Hitoe® Fold Aria -Mushroom-が掲載されました。 信濃毎日新聞デジタルでの配信は以下のリンクからご覧いただけます。 信濃毎日新聞デジタルの記事

もっと見る
キノコ由来の革の代替素材は伝統素材!?
News

キノコ由来の革の代替素材は伝統素材!?

革新的な素材として注目されるキノコ由来の革の代替素材ですが、実は古い歴史をもつ伝統的な素材です。ルーマニアの伝統的なキノコ由来の革の代替素材「Amadou(アマドゥ)」。数百年の歴史をもつといわれ、その技術は職人により受け継がれ、帽子や財布などに利用されてきました。

もっと見る