Hitoe L-zip Lの軌跡

今回のHitoe L-zip Lは3代目です。これを機に、これまでのHitoe L-zip Lの軌跡をご紹介します。

Ver.1(2018)

SYRINXの財布は、この初代L-zip Lからはじまりました。
SYRINXをプロデュースする佐藤は、当時、他の長財布を使用していましたが、その厚さが気になり、もっと薄い長財布がないか探していました。しかし、どれも造りが薄いだけで、収納すると分厚くなるものばかり。硬貨も含め、たっぷり収納しても薄い長財布は皆無でした。
「だったら自分で理想の財布を作ろう!」
そして、デザインしたのが初代のHitoe L-zip Lでした。
硬貨とカードが重ならず、鍵なども入るマルチポケットを備え、Makuakeで発表するといきなり700個を超える予約を頂きました。その後、開催した未来ショッピングでは1500個を超え、当時の財布のクラウドファンディング国内歴代1位の金額を達成しました。

Hitoe L-zip L-v1

Ver.2(2020)

二代目L-zip Lは、その前に発表した短財布L-zip Sが切っ掛けです。
ダブルファスナーを採用したL-zip Sの浅いコインポケットは、事前の心配を他所に、ネガティブな声は寄せられず、「使いやすい」というポジティブな評価を多数頂きました。
そこで閃きます。
長財布のコインポイケットを同様に浅く、マルチポケットをカードポケット変えれば、カード収納力が倍になると。
そうして誕生した二代目L-zip Lは、Makuakeでのクラウドファンディングで、前作を超えるご予約を頂きました。

Hitoe L-zip L-v2

Ver.3(2021)

二代目L-zip Lは、その後のマイナーチェンジを経てより完成された姿になりましたが、サイズは少し大きくならざるを得ませんでした。
「機能を付加するために肥大化すること、それは目指す方向性と違う・・・」
その想いから、一からデザインし直したのが、三代目L-zip Lです。
数々の工夫を新たに加え、国内で最も薄く、小さいL型ファスナー長財布を目指しました。収納量も増え、カードは20枚収納することができます。

現在、クラウドファンディングを開催しています。

Hitoe L-zip L-v3